新建築家技術者集団

お知らせ

建築とまちづくりセミナー2015 inふくしま (2015.8.28〜29)

 2011年3月11日に発生した東日本大震災は、地震と津波の複合災害で史上最悪と呼ばれる大きな 被害を東日本各地に及ぼしました。同時に起きた原発災害は日本のみならず世界的にも大きな衝撃を 与えた将に未曽有の災害であり、その被害は現在も進行中といえます。

この災害の発災から今年で5年目を迎えていますが、全体に復旧・復興は被災者の期待からは 大きく遅れており、いまだに住まい・生業の見通しを持てない世帯も多いのが現状です。今年は東日本大震災・原発事故の5年目を迎えた福島で講座とバス視察で、原発事故の総体を知り、「失われた生活・まち」を把握することで、改めて生活の場「まち」のなりたちを探り、復興に長期間を要する現地の状況を共有しながら、教訓を引き出して全国に発信し、無反省にばら撒かれようとしている災害の根・原発を断つ運動に繋げていくことをテーマにしました。

■日程 8月28日(金)~29日(土)
■会場 福島市アクティブシニアセンターAOZ「アオウゼ」 (福島市曽根田町1-18)福島駅徒歩4分
■宿泊 グランパークホテルエクセル福島恵比寿(福島市曽根田町10-6)福島駅徒歩4分
■参加費 2万9000円程度(通し参加)

■[先行パンフのダウンロードはこちらから↓]
件名に「福島セミナー」とお書きください。
「建まちセミナー2015+inふくしま」予告&先行申込書150415

投稿日:2015.04.29 カテゴリー:,
先頭へ戻る