新建築家技術者集団

建築とまちづくり

2013年12月号(No.425)

特集:地域で支える高齢者の住まい

・建築保存物語(9)伊藤博文別邸─光友倶楽部─(1906年東京品川区)/兼松 紘一郎
<主張>景観破壊の新国立競技場案再考を/黒田 達雄
———————————————————————————————
<特集>地域で支える高齢者の住まい
・高齢になっても安心して暮らせる地域のしくみづくり/沼尾 波子
・エイジング・イン・プレイス(地域居住)と高齢者住宅 デンマークの取り組みから/松岡 洋子
・都心・神田におけるコーポラティブ方式による多世代型居住の取り組み/関 真弓
・高齢者の住まいの施策/阪東 美智子
・住民が参加しながら建設、運営へ サービス付高齢者向け住宅「レインボーの家川崎大師町」を訪ねて/高田 桂子
・《インタビュー》協同の力で「支え合い、共に生きる」泰阜村地域交流センター『悠々』/本田 玖美子
———————————————————————————————
・2013建築とまちづくりセミナーin金沢 転換期の捉え方と建築家の職能 西山夘三の社会化論からの展開/櫻井 康宏
・設計者からみた子どもたちの豊かな空間づくり(6)みんなで保育所を考えませんか/大塚 謙太郎
・書棚から 建築家と建築士 法と住宅をめぐる百年
<新建のひろば>
-第1回 都市の美しさの行方
-全国交流集会2013inいわて
-第2回 交通基本法学習会
-講演会「伝統建築の技法と未来」
-復興支援会議ほか支援活動の記録(2013年10月1日~31日)
・木の建築~歴史と現在〈 02 〉巨木礼賛/大沢 匠

 

先頭へ戻る