新建築家技術者集団

建築とまちづくり

2013年9月号(No.422)

特集:縮退時代を迎えた空き家対策と公共施設再編

・建築保存物語(6)東京大学生産技術研究所(1928年 東京都港区) /兼松 紘一郎
<主張>風船が教えてくれた放射能拡散 /片井 克美
———————————————————————————————
<特集>縮退時代を迎えた空き家対策と公共施設再編
・空き家問題から考える都市縮小 /吉田 友彦
・長崎市の老朽危険空き家対策 /鮫島 和夫
・人口減少時代に市民とのコラボで建築空間系の役割を見出す鶴ヶ島プロジェクト /増渕 昌利
・再利用に向けて歩み始めた旧・内山下小学校 /赤澤 輝彦
・児童数の減少に併せ、減築で耐震化-大阪府松原市立松原西小学校 /増渕 昌利
———————————————————————————————
<書棚から>残すべき建築-モダニズム建築は何を求めたのか
<新建のひろば>
-講演会「沖縄・シマの住まい・生活空間・地域の現在」
-講演会「一度は見ておきたい『落水荘』のすべて」
-講習会「エコハウスの『つくりかた』」
-事務所訪問・プチ実践報告会・新入会員歓迎会の報告
-「2013仕事を語る会」開催
-「東北被災地縦断視察の旅」の報告
-復興支援会議ほか支援活動の記録(2013年7月1日~31日)
・FOLK ARCHITECTURE(19) /伴 年晶

 

先頭へ戻る