新建築家技術者集団

建築とまちづくり

2012年11月号(No.413)

特集:原発による地域破壊に抗し、エネルギーの転換を

・魅力的な都市空間の再生を、伝統的なまちの空間構造に学ぶ(14)ハノイ36通り町 /福川 裕一
<主張>これからの地域工務店のありかた甫立 浩一
—————————————————————————————————-
<特集>原発による地域破壊に抗し、エネルギーの転換を
・脱原発・脱化石のエネルギー転換を震災復興につなげよう /遠州 尋美
・原発止めた三重県民、闘い半世紀暮らしの安心・安全こそ宝 /山正行
・原発と住民運動、そして住民意識の地殻変動被災原発が立地する町、女川町から /阿部 律子
・原発ゼロと温暖化対策両立の可能性 /佐川 清隆
・自然エネルギーが生み出す地域の雇用 /大友 詔雄
・〈インタビュー〉エネルギーファンドのめざすもの /永田 光美
—————————————————————————————————
・マンションサポートの心得(19)専有部リモデルと管理組合 その2 /千代崎一夫・山下千佳
<新建のひろば>
-復興支援会議ほか支援活動の記録(2012年10月10日~2012年11月9日)
・FOLK ARCHITECTURE(10)伴 年晶
〈表紙・特集扉真〉高田桂子

 

先頭へ戻る