新建築家技術者集団

関西の支部

【奈良】太子道を歩く(2015.3.21)

法隆寺

「太子道」は、飛鳥と法隆寺を結ぶ道で少し北西に斜めに走っていることから「筋違道」とも呼ばれています。文字通り、1400年以上も前に、聖徳太子が法隆寺まで馬で通った道で、道々には古墳や環濠集落、神社、地蔵さんなどが点在し、往時の面影を残しています。終点は、世界最古の木造建築物で世界遺産の法隆寺です。
おなじみの石橋 源一郎先生が解りやすく解説してくださいます。古代の文化にふれる絶好の機会です。どうぞ、お気軽に参加してください。

・日  時 : 3月21日(土)AM9:00~PM5:00頃
集合場所 : 近鉄田原本駅西側広場 AM9:00集合
参 加 費  : 2000円(法隆寺拝観料を含む)
当日の工程 :
近鉄田原本駅西側集合→保津環濠集落→黒田大塚古墳→結崎の面塚→糸井神社→島の山古墳→旧富本憲吉邸→法隆寺→17:00頃 解散

※ 歩きやすい服装でご参加下さい。
※ 昼食は、各自ご用意ください。
※ 解散後、懇親会を予定しております。…会場 : 菜香良志(JR法隆寺駅北口、徒歩1分)
※ お申し込みはファックスまたはメールにて。

【申込先】
新建築家技術者集団 奈良支部事務局  アル建築設計 渡邊
FAX:0743-85-4327
Email:watanabe_ar☆kcf.biglobe.ne.jp(☆を@に変更ください)

投稿日:2015.02.14
先頭へ戻る